バレーボール部 下村杯

8/26(土)
愛知県バレーボール協会西三河支部、中日新聞社主催
平成28年度下村杯争奪第52回西三河総合バレーボール選手権大会
に出場してきました!

男女バレーボール部はこの大会に照準を合わせて夏休み中に練習、練習試合と積極的に活動してきました。

高校男子の部
愛知産業大学三河高等学校体育館会場
3回戦進出
ベスト16

1回戦
  山本学園 2ー0 科技校刈谷
 (26-24)
 (25-21)

2回戦
山本学園 2ー1 西尾高校
(25-20)
(21-25)
(25-12)

3回戦
 山本学園 0ー2 豊田南高校
(15-25)
(16-25)
b0328412_17342983.jpg
b0328412_17343311.jpg

b0328412_17344143.jpg
b0328412_17344650.jpg
1回戦と2回戦は過去に勝利したことがあるチームであったが、相手校もレベルアップしており
全く予断を許さない戦いとなった。結果的には、本校のブロックが機能して両エースアタッカー
の攻撃が効果的に決定して接戦の末に勝利をすることができた。
3回戦の対戦校の豊田南高校は、実績も実力も各上の相手のため終始劣勢が予想された。
しかしながら、相手の強力なサーブやスパイク必死に防いで何とか中盤までは互角に近い戦いを
することができた。
3年生はこれが高体連最後の大会となり、2勝することができたことは最高の思い出となった。
一つの大会での2勝は創部から13年間で最高の成績となった。




高校女子の部
豊田東高校体育館

2回戦進出
1回戦
山本学園 2ー1 豊野高校
(25-17)
(20-25)
(25-11)

2回戦
山本学園 0ー2 岡崎城西
(6-25)
(8-25)
b0328412_17274965.jpg


b0328412_17342266.jpg
バレーボール部女子はこの夏に入ってからチーム状態を一気に上げており、練習試合でも好結果が続いていた。
今大会では勢いをそのままに、豊野高校に対して大黒柱であるエースの強打やセカンドエースの巧打が面白いように
決まり1stセットを奪取した。2ndセットになると勝利が迫る中盤あたりからミスが目立ち始めて自滅をしてしまったが、
3rdセットになると主将がチームを落ち着かせて北村監督が的確な指示を出して一方的な展開となり勝利を収めた。
今回の勝利はバレーボール部女子にとって、高体連の大会では3年ぶりの勝利であった。
作品作り、コンテスト、検定などで十分に練習ができないことが多い中、平日のわずかな時間や休日を利用して必死に
練習してきた成果が、最高の結果となって表れたことで選手たちは涙を流して喜んでいた。

男女のバレーボール部が同じ大会で共に勝利を収めたのは、山本学園バレーボール部創部以来初の快挙であった。



山本学園情報文化専門学校 高等課程HP
も見てね。

by yamagakuma | 2016-09-20 10:00 | 部活動