入学式

数日前から「雨模様」との予報でしたが、やや肌寒いものの、
雨も降ることなく、落ち着いた雰囲気の中で、
439名の新入生を迎えての入学式が行われました。
新入生は、不安と期待が入りまじった表情で登校してきましたが、
温かな笑顔で迎える本校職員に接し、表情が少し緩んだ様子でした。
 小林義孝校長の式辞の後、教育後援会会長の丸山彰様から
「高校生活は人生の大切な基礎が作りあげられる時期です。
多くの仲間とともに、知識と教養を身につけ、さらに自分に磨きをかけて、
夢の実現に向けて進んでください。
自分を成長させてくれることを期待しています。」
とご祝辞をいただきました。
続いて、新入生を代表して調理師科1-2長田夏奈さん(岡崎・福岡中)が
「9年間の義務教育を終え自らの夢を実現するための一歩を踏み出しました。
これから始まる学園生活での新しい仲間との出会いや
多くの知識と技術を学べることを嬉しく思います。
喜びは分かち合い、困難は共に助け合い、私たち全員で成長していきたいと思います。
伝統ある山本学園の名に恥じぬよう、日々精進し、
実りある学園生活を送ることをここに誓います。」
と力強く生徒宣誓をしました。

f0327389_18003938.jpg


入学式後、新入生は各教室に分かれ、
担任から初めての学級指導や諸連絡等を受けました。
どの生徒も真剣に、担任の話に聞き入っていました。
この間、体育館では保護者会が行われ、
教育後援会や学習指導・生徒指導・進路指導などについての話や学年主任からの話がありました。
会終了後、桜の花は散っていましたが、入学式の立て看板前で、記念撮影をする姿が多数見られました。
笑顔満面の微笑ましい光景でした。

f0327389_19150259.jpg


f0327389_18012914.jpg


も見てください。



by yamagakuma | 2018-04-13 19:12 | 行事