始業式

 第1学期始業式が、女子部は午前9時、男子部は午前10時20分から3号館体育館で行われました。
小林義孝校長は式辞で、まどみちお氏の『朝がくると』という詩を紹介しました。
 そして、この詩を生徒会長の3-4花井由梨奈さん(岡崎・福岡中)、3-14平岩賢晶くん(豊田・猿投台中)が朗読し、
その感想として「今まで気づかなかったけれど、多くの人々のおかげで生きているんだということを実感しました」等と述べました。
これを受けて小林校長は「人はたくさんの人に支えられて生きています。
皆さんも、いつか社会の一員として誰かを支える人になる為に学ぶことが大切です。」と話されました。
 そして、「すべては皆さんの気持ち、動き次第です。始めの一歩を踏み出すことが大事です。その一歩がなければ何も変わりません。
一歩を踏み出せば大きく動かすことができ、変化を生み出すことができます。」
「失敗は恐れるものではなく、乗り越えていくものです。」と全校生徒にエールを送られました。

by yamagakuma | 2018-04-16 19:18 | 行事