第47回 校内弁論大会

第47回 校内弁論大会が9月5日(水)に行われました。

 生徒は、夏休みの選択課題として「弁論大会の原稿」づくりに取り組みました(読書感想文との選択)。
そして、提出された作品のなかから選ばれた、各学級1点の優秀作品による男女別学年弁論大会が2学期早々に行われました。
そこで、どの学年からも男女それぞれ2名が代表に選ばれ、校内弁論大会に臨みました。

審査結果
最優秀賞  虫明 沙恵さん(3-4高浜・高浜中)「生まれ持った財産」  
        伊藤  稜くん(2-15岡崎・北中)「普通の意味するもの」    
優 秀 賞  石川 梨菜さん(2-4岡崎・福岡中)「SNSでの発言」   
          成田伊万里くん(2-13岡崎・城北中)「祭りが地域を強くする」     
奨 励 賞  宇佐美友香さん(3-5半田・成岩中)「他人事と自分」    
   川口 和也くん(3-12豊川・南部中)「友達」     
          冨板えみりさん(1-5豊川・南部中)「今ある日々を大切に」     
      金澤 海都くん(1-12みよし・南中)「一瞬の判断」     
努 力 賞 荒井  恩さん(2-2美浜・河和中)「友情とは」     
         清水  秀くん(3-13豊橋・中部中)「日本人の幸せとは」     
        永山 大賀くん(1-13岡崎・翔南中)「僕の小さな発見」     

 虫明さんは、昨年に続いて2年連続最優秀賞に輝きました。
弁論内容をほぼ暗記し、聞き手に訴える力は他を圧倒していました。
虫明さんと伊藤くんが本校の代表として、
10月31日(水)に行われる全国大会(向陽台高等学校総合文化発表会)に出場します。
昨年度、全国大会で第二位に当たる優秀賞に輝いた虫明さんは、
その時のインタビューで
「来年も校内で最優秀賞に選ばれて全国大会に出場し、最優秀賞を狙いたい」
とリベンジを誓っていましたが、宣言通りに全国大会出場を果たしました。
さらに練習を積んで、校内大会以上に聞き手を惹きつける弁論を展開してくれることでしょう。
結果が楽しみです。

f0327389_11300130.jpg
f0327389_13382174.jpg



by yamagakuma | 2018-09-20 08:12 | 行事