全国情報処理検定試験結果

9月23日(日)に全国情報処理検定試験が行われました。

この検定は、全国商業高等学校協会が主催する検定試験です。
ビジネス情報部門は、情報活用能力の育成を、プログラミング部門は、
アルゴリズムを利用した思考力を問う内容を重視し、
応用力を意識したプログラミング能力の育成を目的としています。
1級はより実践的、2級は基礎的基本的な内容、3級は情報処理検定の入門級として、
情報を処理するうえで必要な知識を広く学ぶことを目的としています。
結果は、1級はプログラミング部門1名(昨年同期1名)
ビジネス情報部門20名(5名)が合格しました。
また、2級はプログラミング部門47名(同40名)
ビジネス情報部門96名(同84名)が合格、3級は15名(同17名)が合格しました。
昨年度と比較すると、多くの部門で合格者数が増加しています。
熱心にご指導いただいた情報科の先生方、
それに応えようとがんばった生徒たち双方の努力の賜物です。
次回も好結果が得られるよう、さらなる奮闘が期待されます。





by yamagakuma | 2018-10-16 11:06 | ビジネス科